爆速でモテる「爆モテ」

モテや恋愛に関する雑記ブログです。気楽に読み流していただけたら幸い




スポンサーリンク

パパ活について、思うこと

f:id:nekotakusan:20181008145327j:plain

こんにちは、昨今パパ活が流行っているのかな。実態はよく分かりませんが。

現在ツイッターにハマってまして、パパ活についてよく耳にする(目にする)ので考察してみました。

ちなみに、私が付き合う男性は傾向として大体10歳ほど年上の男性が多いです。パパ活はしたことないですが、彼にたくさん貢いでもらうことが多いです。

今も彼に生活費の大半を支えてもらっています。

気楽に読み流していただけたら幸いです。

 

 

年上に学ぶことは多い

年上の男性に学んだことは多いです。食事のマナーだったり御礼の仕方、メールの返信の仕方、男性は何を喜ぶのか、何を嫌うのか。

 

また年上の男性が年下の女性を選ぶ、ということは「リードしたい」「教えてあげたい」から年下を選ぶわけです。

 

社会のことや、お祭りの仕組み、経済のことなど彼と話すと学ぶことが多いです。

 

経験が豊富になることは女性自身のモテに対して言うならマイナスですが、女性の人生にとってはプラスに働くはずです。

 

経験は隠しやすいですしね。目当ての男性にはどんどん隠していったら良いと思います。

 

 

お金を頂きながら社会勉強ができる

 

更にパパ活となると、多分ここに現金が絡んでくると思うのですが、お金を頂きながら社会勉強ができるわけですね。プラスに捉えたら物凄く良いことのように思えてきます。

 

ここで更に、パパ活のマイナス面も見てみましょう。

 

働くのが馬鹿らしくなる

例えば、月に60万、週に三回デートで頂いたとしましょう。多分現金で貰えるはずなので収入の申告はしないでしょう。税金もほぼ発生しないはずです。

 

社会人になると、週に5回、8時間拘束、月に20万、さらに税金が引かれます。手取り16万くらいでしょうか?耐えられないですね。

 

きっとパパ活女子は普通の会社員になるという新卒の大学生が最もなりやすいものになれなくなってしまうわけです。

 

また、パパは既婚者であることが大半で、結婚適齢期になっても結婚してもらえません。

 

若くて、恋愛市場で需要がある時期をパパとのデートで消費してしまうのは将来的に見ても実に勿体無いですね。

 

女性にとっては、若さは最強の武器です。

 

 

好きでない相手の場合消耗する

 

ここが一番のネックでして、愛していないパパとお付き合いする場合、「面倒くさい」のです。

 

恋愛とは誕生日、クリスマス、バレンタインなどのイベントごとから毎回のデートの計画、予定を合わせることまで「面倒くさい」ことばかりです。

 

大好きな彼の場合ですと、(性欲があれば)人間頑張れますので恋愛も頑張れるんです。

 

つまり好きでないパパとお付き合いするのは精神的に非常に消耗します。

 

さらに好きでない人と体の関係を持つのは普通の感覚の女性なら「気持ち悪い」はずなので、体の関係ありのパパ活ですとさらに消耗します。

 

パパ活は正しいか正しくないか

同じ女性としては正しくないと言わざるを得ません。

 

普通に年上男性と恋愛して支え合う関係が結局一番ベストな気がしますね。

 

 

スポンサーリンク

   

 

スポンサーリンク