爆速でモテる「爆モテ」

モテや恋愛に関する雑記ブログです。気楽に読み流していただけたら幸い




スポンサーリンク

ズボラでも社畜でクッソ忙しくても出来る断捨離術

f:id:nekotakusan:20181116185109j:image

断捨離、これまで何回したことか…

断捨離は離婚する前から結構定期的にしていて、もう何回断捨離したかわからないです。

 

それこそ、働きまくりのクッソ忙しかった時も断捨離だけは欠かしてませんでした。

 

断捨離、したいけど出来ない。

気持ちは分かります。

だけど断捨離しないと、モノの管理に追われてあっという間に人生が終わってしまいます。

 

必要なものだけに囲まれて過ごす生活は時短になるし、体力の温存にもなるし、素晴らしいです。

 

断捨離のおかげでモノの管理の手間を減らし、人生をより良い方向へ向けられました。

断捨離の良さを断捨離出来ない人にも伝えたい!!

この記事は断捨離の出来ないあなたに贈ります!!

 

 

 

まずは、引き出しひとつから始める。

たくさんのモノに囲まれて生活していると、それだけで体力が削がれます。

それこそ、仕事でクタクタになって帰ってきて、そのあと家事をして、それから断捨離って、中々やる気が起きない気持ちもわかります。

わたしも最初から思い切って捨てられたわけではありません。

だけど、休日に、まずは引き出しひとつのものを全部出して、使っているものと使っていないものに分け、使っていないものは処分する。

引き出しひとつが片付くだけで凄い爽快感が味わえますよ。

引き出しひとつ取っても、モノが多いと視覚的なノイズも多いですし、その見た目だけで疲れます。

まずは、一番よく使うキッチンの引き出しから。

そこがスッキリすると、では次はここの引き出しを。と、1週間に1回でもいいので、引き出しの中身を全出しして、不用品がないか確かめましょう。

判断は半年使っていなかったら捨てても良いと思います。

大抵のものは買い直せるので捨ててしまっても困りません。

 

 

やる気が出た日にクローゼットを一気に片付ける。

服はシーズンオフのものから手をつけると良いです。基準は来シーズンも着るかどうかです。

気に入っていてもヘタれていたら来シーズン新しいものを購入しましょう。

安価で服が買える時代です。

捨てて後悔してもまた新しい良い服に出会えます!!

肌着、靴下、下着類は7セットあれば絶対に事足りますのでこれ以上持っているなら古いものから捨てましょう。

 

今シーズン着ているものは、シーズンが終わってから、来年も着るかどうかで判断して捨てたらいいと思います。今シーズン一回も着ていない服は、きっと来シーズンも着ないので処分してしまいましょう。

 

洗剤類、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、化粧品の在庫を抱えすぎていないか

モノが多い人にありがちなのが、在庫確認がうまく出来ておらず、ストックを無駄に買いたがるということです。

ストックだけでモノに家の空間を侵食されますので、ストックはひとつ予備があるだけの状態にしておいて、詰め替えたらまた新しいのを買ってくる、このリズムで良いでしょう。

昔は使っていたけど、今は使っていないシャンプーや化粧品、洗剤などはこの機会に処分しましょう。

まずは家の在庫を使い切る。それまでは新たに買わない。

それだけで家のスペースが広くなります。

 

食料品も買い込みすぎない

災害用のストック以外に無駄に食材を買いすぎていませんか?

主婦をしていた時は、とりあえず、冷蔵庫を空にするまで何も買い物に行かないようにしていました。

あるものを使い切って、空っぽになってから買う。

それだけで空っぽになった時に冷蔵庫の拭き掃除もできますし、古くなって干からびた野菜が奥から出てくる、なんてこともなくなりました!

ズボラで食材の管理が苦手な方にオススメです。

 

 

断捨離できそうですか?

断捨離、ごく小さいところからで良いです。

断捨離を始めてそのモノの少ない爽快感を味わったら辞められなくなります。

現在でも、月に一度は自分の持ち物全てをひっくり返して断捨離を繰り返しています。

1ヶ月前は欠かせなかったものが、今は必要なくなっていることも結構あるものです。

今は持ち物が少ないので全部ひっくり返しての断捨離が出来ていましたが、モノが多いうちは本当に少しずつ、少しづつ捨ててきました。

それの繰り返しで一時はメチャクチャモノが少なかったのですが、最近は普通の人より少し少ないくらいの持ち物です。

モノが少なく、必要なものだけに囲まれて生活すると、モノを管理する労力が省かれてメチャクチャ生きやすくなります…!!

断捨離したいけど中々始められない…そんな方の参考になれば幸い。

 

 

 

スポンサーリンク

   

 

スポンサーリンク