爆速でモテる「爆モテ」

モテや恋愛に関する雑記ブログです。気楽に読み流していただけたら幸い




スポンサーリンク

女性は人生を選べる時代になった!もっと自由に生きよう。

f:id:nekotakusan:20181217205440j:plain

 

ちょうど私たち(30代)の母親世代は年頃になったら結婚して、子供を産むのが普通でした。

会社勤めも腰掛けで、3、4年勤めたら寿退職。

それから専業主婦になり、夫にめいいっぱい尽くして、子供を産み、育て、やがて化粧をしなくなり、自分が脇役になっていくことが当たり前でした。

 

だけど現代は違います!

男性並みにバリバリ働くキャリアウーマン。

結婚して子育てしながら自宅でがっつり収入を得ている主婦のみなさま。

結婚しても共働き、子供は産まないスタイルのDINKs

あえて結婚しないことを選んだ独身貴族、苗字を変えたくないから事実婚。

男はこりごりだから女性同士でシェアハウス。

30過ぎて実家暮らしでも昔ほど非難されなくなりましたよね。

逆に親もいて貰った方が助かるから感謝されたりして。

ただの離婚ならぬ「卒婚」

今はママでもオシャレを楽しんでいる女性が多いです。

お母さんは決して脇役ではないのです。

私だって一度結婚してみたけど離婚した女性の一人です。この先劇的な何かがなければ、このまま一生独身の予定です。

 

選択肢が多すぎ。

今は選択肢が多いですね。結婚するかしないか。子供は産むのか産まないのか。

キャリアはどうするのか。フリーランスか会社員か。

 

今はインターネットやそれに付随するサービスが充実しているのでオンラインだけで仕事が完結します。

実際私も引きこもり状態ながらもなんとかライターとして少しの収入を得ているわけです。やり取りはランサーズのチャットかチャットワーク、Slackなど。

文字だけで完結してお金が受け取れます。知らない人と話をするのも億劫なのでありがたいです。

このブログも少しですが収入が得られるようになりました。感謝。

 

自立した女性を目指して欲しい。

このブログを愛読されている女性にはぜひ自立した女性になって欲しいです。

と言うのも女性は自立していないと不幸になりやすいからです。

自立してないのに幸せそうな女性は「たまたま1回目に見初められた王子様に溺愛されていた」だけです。

そう、それはたまたまなのです。

世の中、あなたのことを姫のように大切にしてくれる男性ばかりではありません。

中にはあなたをないがしろにして傷つける男性もいるでしょう。

そんな男性にしがみついて不幸にならないために。

さっといつでもお別れして自分の人生を歩めるように。

ひとり暮らせるだけの収入と節約術を身につけておくのが良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

   

 

スポンサーリンク